大阪を中心に、さまざまなジャンルで活躍する女性を応援!
見る人も楽しめる情報満載のホームページです。なにかヒントになること見つかるかも♪

子育て中、私は子どもに色んな経験をさせようと思って行動していました

旅行だったりキャンプだったりピクニック、海水浴、
ビリヤード、ボーリング、テニス、水泳
スノーボード

自分ができる範囲のすべてを一回でも

ん?ほとんど体育会系ですね

家の中でできるお絵描きや工作
ダンボールを使って秘密基地を家の中に作っていた時には
衝撃的でした。中には電気までありましたから・・・

お散歩中の発見
虫や、土、花

日々の中でも色々と見せてきました

それは、いつか、きっと
大人になり自分達の稼いだお金で
自分達がやりたい事を見つけてほしいから

すべてができなくても
一つ優れる能力を開花させなくても

この経験値は
子ども達が自立しはじめる時に

自分で選択し、自分で動いていきます

ふと、娘が言った言葉が印象的でした
「あの頃、スノボーが嫌で嫌で寒いし痛いし」「でも1人で休憩するのも寂しいからイヤイヤやってた」
「でも、今は感謝してるわー」

そう言って
今シーズン
1人で日帰りツアーでスノボーに毎週行ってる娘です

このシーズン、息子も一緒に
久しぶりの親子3人でスノボーに行く事にもなりました

ちなみにバイク好きの娘は、スクーター程度なら自分で整備、分解、組み立てもできるほどです
これも、子ども頃に一緒にDIYとかしてたからかな?(笑)


こちらは、娘が日々いじりたおしていたスクーターです
塗装もしております・・・。



一つ一つの経験は
その時に開花しなくても
静かに経験値として
子ども達には残っているのですね

大人になり、自立し、自分の足で歩いていくのも
子どもの頃の経験値の積み重ねです

あ、もちろん
才能を早くに見つけて、一つの事を一生懸命にするのもありです
それも、きっと大人になるころ
同じように経験値として積み重なっていることでしょう

そして、それらをどうするのか?

選択するのは子ども

大人になった子ども達です

ゆるん ねーやん