大阪を中心に、さまざまなジャンルで活躍する女性を応援!
見る人も楽しめる情報満載のホームページです。なにかヒントになること見つかるかも♪

みなさん、こんにちは!

庶民派ファイナンシャルプランナー(以後FP)の杉本和久と申します。

本日より不定期ではありますが、みなさまにとってお得な又は面白い
情報などを掲載していきます。

よくFPと言えば、節税や税金の話しが多いのですが、身近なことを
より分かりやすくお話しできれば、と思います。

ということでまずは、”お金”についてですが、このお金って何?という
テーマでいきたいと思います!

普段は当たり前すぎておそらく考えたこともないのではないでしょうか?

お子さんに「お金って何?」と聞かれたらなんと答えますか?

1万円札には「壱万円」と書いてあります。
どこへ行っても1万円札を出せば、1万円の買い物ができます。

しかし、なぜ1万円として通用するのでしょうか。どうしてみんながそれ
をお金だと思っているのでしょうか?

それは、国がそれを1万円だと言っているから、その国をみんなが信頼して
いるから、それは1万円だということなんです。



お金というのは、みんながお金と思っているからお金なんですね。
ただ、これは論理学で言うと「トートロジー(同語反復)」といって、全然
説明になっておりません。

つまりお金というのは共同幻想なんです。
現在、世界でいちばん通用するのはアメリカドルですが、それは世界中どこ
へ行ってもこれはアメリカドルだな、いろんなところで使えるなとみんなが
思っていて、ドルで受け取ってもいい、という人が大勢いるからです。

例えば、ソマリアのお札を持っていて使おうとしても、現在この国は崩壊し
ている。そんな国で発行しているお札は、自国民すら信用していない。そう
なればそれはただの紙切れになってしまうわけです。

国家がきちんと成立していて、ただの紙切れを「これはお金ですよ」という
”保証”をしてくれている。だから我々はそれをお金だと思っているという、
非常に不思議なものなわけです。

では、どのようにして、ただの紙切れをお金として意識し、使うようになった
のか。次回その歴史について」お話ししたいと思います。

本日は最後までお付き合いいただきありがとうございます。
是非次回もお楽しみに!!