大阪を中心に、さまざまなジャンルで活躍する女性を応援!
見る人も楽しめる情報満載のホームページです。なにかヒントになること見つかるかも♪

さ~てさて、ゆるんファン
いやいや、アッキーのブログファンの
皆々様(え?いる?)
(いるはず!!☆彡)

お待ちかね
『笑って生きよう!うっとここんなん』で、ございますよ~

『うっとここんなん』関西弁ですね
標準語でいうと
『うちはこんな感じです』

そう、誰が聞きたいというのか?
それは、神のみぞ知る 笑

アッキーとアッキーのまわりの
人たちの、奇想天外、破天荒なエピソードの数々

抱腹絶倒、乞うご期待
m(_ _)mm(_ _)m

さ!!第2回目でごさ~~い~~
(デンデン~☆彡)

★★★★★★★

もうじき、年越し、そして、お正月ですね
わたしには、正月、というと
忘れられないエピソードがあります。


それは、うちの末弟が生まれた日の話

題しまして
『疑いが確信に変わる日』
じゃじゃじゃん★じゃじゃじゃん★
ジャン、ジャーーーン
(火曜サスペンス劇場的に)


あるとき
なんとな~く、オカンの様子が変だな、、、と、思っていました


なんか、調子がいつも悪いし
吐いてばっかりしてるし
はたまた、食べてばっかりしてるし


女子だから、わかりますけど
生理もきてないよーな


それに、わたし、すでに3人
弟妹がオカンに宿ったとこから
生まれた時から
見てきてるわけですよ、、、

で、こりゃ、十中八九
オカン、また、妊娠したなぁ、、、と
思いましたわ、18歳のある日、、、


で、オカンの体も心配やし
だって、いくら、何人も産んでるゆうても、長女18歳ですしね

かなりの高齢出産ですやんか、、、

ほんで、ある日、意を決して
尋ねました
『お母さん、妊娠しとるやろ、いま、何か月?』

すると、、、


オカン『アホなこと言いな、お母ちゃんを何歳や思ってんの、そんなワケないやん』

いや、、、しかし、腹も出てるやん

オカン『これはな、太ったんよ、最近、甘いもんばっかり食べてたから』

うん、、、たしかに
甘いもんばっかり食うてた
それは、嘘ではないな

しかしな!!!!?
しかーーーーーし(▼∀▼)

私『嘘つきなや! 妊娠したやろ!』

オカン『してへんわ!!(怒)変なこと言わんといて(▼∀▼)』


と、言って、オカン一歩も譲りませんでした。。。

なぜ、オカンが頑なに嘘ついていたのか
未だに謎ですが、、、

わたしも、若かったので
『はぁ!? へぇ、ふ~~~ん、そこまで言うなら、もう知らんし』と、そこからは、オカンの体については無視を決めこみました。




そして、時は行き過ぎ、、、

お腹がパンパンになってきた
オカンの姿に、まだ、小学生だった妹までが、、、

『お腹に赤ちゃんいるん?』と、尋ねるありさま、、、

そして、運命の日がやってきました。

それは、正月、三賀日があけようとしていた真夜中

寝ていたら、オカンが呻いているので
なんとなく目がさめ、、、


私『お母さん、どしたん?』

オカン『、、、お腹、痛いねん、、、赤ちゃん、生まれる』

(;゚д゚)(゜ロ゜;ノ)ノ(^0^;)

うん、そう、みたいやな、、、
陣痛やな、、、
せやけど、、、
アンタ、妊娠してへんのじゃなかった?
(▼∀▼)

疑惑が確信へと変わった瞬間
『はい!!そうよ、あんた出来てるのよ!!やっぱ~りねっ』

あーーーっっ
( -_-)
そんなん、言うてる場合ちゃうか、、、
大人になれ!わたし。

で、急いで、着がえて
オヤジ!オヤジ!

オヤジ!を起こすも、、、

正月で、しこたま飲んだくれて
正体不明グデングデン(この時ほど、シバイテやりたい思ったことはありませんですわ 笑)


全く、使いもんにならん
オッサンを横目に、、、(´Д`)


とにかく、病院に連れていかねば!
と、救急車を呼ぼうとしたら


オカン『あ、救急車はやめて、恥ずかしいから、、、』

私『は!? こんなときに、恥ずかしいもなんもないやろ!!じゃ、どないすんのよ!』

オカン『お姉ちゃん、、、自転車で○○病院まで、連れてって、あっこは救急やし、、、』


il||li (OдO`) il||li
ま、まじっすか!?

陣痛で苦しむ妊婦が
なんや知らんけど
若い娘のこぐママチャリで夜の街を滑走する姿、、、こちらは恥ずかしくないのか?オカンよ、、、

まぁ、真夜中だ、誰も街を出歩いてないだろけど


オカン、頑なに救急車拒否の為
急遽、ママチャリに高齢妊婦を乗せ
真夜中の街を滑走する18歳、、、

18歳の乙女は今、救急車となり
働いていま~す(^0^;)


神様、わたし、なんか、ワルいことしたんでしょうか、、、(;´Д`)


まぁ、ごちゃごちゃ言っても仕方ないし
フルスピードで頑張って救急病院に駆け込むと


なんとか、哀れな18歳と妊婦を
大病院は救ってくれはりました


看護師さん『あのね、、、もうすぐ、生まれるわ、、、お父さんは?お家にいないの?』


私『あ、、、いや、、、父はいます。今は、、、その、、、酔っぱらってて、、、』と、バツが悪そうに答えると


看護師『、、、、、わかりました。とりあえず、ごめんね、あなたもしんどいだろけど、生まれるまで、いてもらっていいかな? かなりの早産なのよ、、、赤ちゃん、危ないかもしれない』

(゜ロ゜;ノ)ノ え!!

そうなんや、、、早産だったんだ、、、
わからなかった。


そして、それから、1時間もたたないくらいで末弟誕生


産声も弱々しく
バタバタと看護師や医者やらが
行き交う中


どうも、末弟は、黄疸が酷く、超低体重児、、、
呼吸があやしく、保育器にすぐに入れられ、どこぞ、処置する部屋へつれてかれたのでした。


(´ヘ`;)はぁ、しかし、生きていてよかったですよ、、、
気が気じゃなかった、、、


まぁ、長く入院しましたが
オカンも末弟も、その後は無事に退院し

末弟も紆余曲折いろんなことの末
いまじゃ、いい歳の大人になりました
m(_ _)m

えー、ちなみに
お腹の大きい妊婦がしがみついてくると
自転車はバランスが非常に取りにくいで~す
しかし、コケるわけにゃ、いきませんぜ
(≧◇≦)

そして、時々、妊婦は激しく
『ううう~っ』て、うめきます。
バランスは取りにくいわ、うめき声は恐ろしいわ、、、

あの時のことを
『地獄のナイトライダー』と
自分の中で名づけております。
(ナイトライダーファンがいたらスミマセン)

教訓『産気づいた妊婦とチャリでニケツはダメ』

※よい子は決して真似しないでくださいね!!
(;^_^A

そしてね~
いろんな事情って、その人なりにあるんでしょうが、、、


やはり、妊婦健診には必ず行きましょう!!

大変なお産を見たわたしからの
お願いですm(_ _)m

母子両方、大切な体、大切な命!
きちんと健診受けることで
リスクを避けることもできるはず


大切な体、命を守りましょう
m(_ _)m

★★★★★★★

寒い寒い、正月の破天荒エピソード
寒い時期に夜。自転車こぐと
思い出す

で、、、
その後、ベロンベロンのオヤジに

『赤ちゃん生まれた』と、言うと

また、なにをとち狂ったかオヤジ
『!!!!家でか?』と言った

いいえ、病院です
まさか、家で取り上げるて
産婆やあるまいに

そこまでできっかぁ~っっ(▼∀▼)
しっかりせぃ、オッサンめっっ

ほんっとに
勝手な親達である
(しみじみ)



アッキーの
笑って生きよう~うっとここんなん~
大人気?
大人気だよね?
ね?ね?

次回は、また、来月半ばにお届けいたしま~す

どなた様も
よいお年を~m(_ _)m




うっとここんなん~新連載!笑。
どもどもヾ(´ω`=´ω`)ノゆるんのオカン担当アッキーですん?新連載?はい!!新連載です!乞うご期待でござい・・・全て表示