大阪を中心に、さまざまなジャンルで活躍する女性を応援!
見る人も楽しめる情報満載のホームページです。なにかヒントになること見つかるかも♪

えみねぇです。
いつもは、私たちがレポートを書くゆるんラジオですが
今回は、感想もかねて
ゲストのみさちゃんに書いてもらいました。

卵巣がん啓発活動を
これからゆるんの一つの女性支援の事業として
一緒にしていきます

WCA Crew
W-women C-cancer A-awareness
岡本 美佐さんです




2019年末、卵巣がんと告知され色んな事を決断し、こなしていくのがやっとで今の気持ち、娘や私のこれからの事、私は何がしたいのか?どうするのがいいのか?娘に何が出来るのか?何を伝えたいのか?

考えても答えは出ず、恐怖心が襲って来る事もありましたが、治療が落ち着いて身体が回復してくると私と同じように卵巣がんをよく知らない人に曖昧な卵巣がんの症状を「伝えたいと」思うようになりました。

知っていれば早くに病院に行こうと思ったり心構えが出来るんじゃないか!!
知らない時より少しでも早くに発見でき、精神的にもちょっとはマシになるかもと、漠然と考えていました。

抗がん剤治療中に、ロミロミスクールが一緒だった志水さんが、シングルマザーの私と娘の心配をして様子を見に来てくれまた。

志水さんが「何が出来るかわからないけど来る事は出来る」と言ってくれた優しさで、私の「伝えたい」という漠然とした思いを打ち明ける事ができました。

志水さんの優しさで、ゆるんさんと繋がりサポートしてもらい今回のラジオ出演になりました。


写真をあまり撮れてなくて―。ごめんなさいbyえみねぇ



パート1では、曖昧な不快感が卵巣がだったとわかるまでの話や手術の話をさせてもらいました。




パート2では、卵巣がんになりやすい人や曖昧な不快感の症状が更年期や女性の体の変化と似ていてわかりにくい事など、緊張してたけど志水さんの明るさで楽しく話せました。




あまり、病院に行かないと言っていた高木さんが、膀胱炎の症状があると言っていたので、少しでも早く病院に行き何にもないと安心できればいいなぁと思いました。

また、内科で卵巣や婦人科の病気は診てもらえないので、行きやすい近くの婦人科が何処にあるかわかるといいなぁと思いました。




アハハ。みさちゃん病院いきますね
ちょうど、更年期でいろいろな症状が重なる私ですが
日にち過ぎると改善しているので
つい、ほったらかしになってしまってますが

これを機会に、婦人科に行ってきます。
また、このレポートも書いていきます


WCA Crew
W-women C-cancer A-awareness



★★★★★★★

<<ゆるんラジオ>>

オープニング曲
TACOPA LEAGUER!!
さくP & 初音ミク


収録アルバム: すごくおいしいミク

エンディング曲
RED EYE beautiful fighter



Hau’oli-cloverで収録
イラスト MIYACHAnn.K

ゆるんラジオ
ゆるんの事を話したり
ゲストと一緒にお話したり