大阪を中心に、さまざまなジャンルで活躍する女性を応援!
見る人も楽しめる情報満載のホームページです。なにかヒントになること見つかるかも♪

その一

それまでは「学校」のなかで、必死にその空間に合わせてきた。

もう無理だ、ダメだとギブアップしたのが、中学入学して3日目のときだった。

それから、体は楽になった。朝寝ててもいい。出かけなくていい。

でも、気持ちはどうしていいかわからなかった。誰もが自分を否定した。

まったく知らない人までが「学校に行かないのはダメな奴だと」否定しているようだった。

制服を着た学生はどこへ行っても避けて通った。



フォトTienDatグエンUnsplash


十代の後半くらいから、「あなたはよくやっているね」と言ってくれる人に出会ってようやく、

自分が自分でいられるようになった。

それからずっと「あなたはよくやっているね」と言ってくれる人の近くに寄っていって過ごしてきた。

だから本当は、もっと夫にも「よくやってくれている」とか「やってくれてありがとう」とか、

そんな言葉を言ってほしくて、でも一緒に過ごす年月が経てば経つほど、言ってくれなくなって、イライラして当たっていた。

そんなとき、夫が言った一言。頭の中はぐちゃぐちゃで、気持ちがスースーした。

涙が出た。母に話した。応援してくれた。

これからは、言われなくても前へ進んでいかなくてはならないのだと分かった。

「あなたはよくやっているね」いろんな人から今まで言われてきたのだから、

私の中は「あなたはよくやっているね」がたくさん積もっているはずだ。



そんなときに出会ったのが、この「ゆるん」さんです。

ペンネーム mimi子

mimi子さんシリーズはこちら
その2、人生ってほとんど、そんなものかも>>>