人生ってほとんど、そんなものかも~mimi子~その2

人生ってほとんど、そんなものかも~mimi子~その2

その二

下の子は二分脊椎症。小さいとき情報を集めるのに読んだ『一等賞の旗』という本。

当時はまだ、治療方法や、症状への対処の仕方が確立されておらず、

この本の方は尿もれや、便もれ、歩行障害などにとても苦労されたらしい。



フォトジュリアJoppienUnsplash



昔より、寛容になった不登校。

子どもが学校に行きたがらない。

「行かなくていいよ」と言ってあげなければならないけど、

じゃあ行かなかったらどうしたらいいのか、ということはまだまだ確立?されていなくて。



「障害のある子を産んでもみんなで育てればいい」と思っていたけど、実際にこうすればいいなんて決定的なものはない。

障害がなくても、子育てっって、いつも考えて、迷って、誰かに助けてもらって、なんとかかんとかやっている。



人生ってほとんど、そんなものかも。



ペンネーム mimi子

mimi子さんシリーズはこちら
その1、あなたはよくやっているよね>>>

そんなつぶつぶが ーmimi子ー
  showとshort novel